看護師バイトは楽しい

当サイトに、お越しいただきありがとうございます。

 

看護師のエミと言います。
私は、都内の某大病院で4年ほど働いていました。医師も看護師もレベル、意識の高い人が多く、毎日が勉強でした。
やりがいもありますし、仕事が充実していると言えば充実していました。
でも、夜勤の頻度の多さ、休みの少なさ、プレッシャーから、ちょっと休みたいなと思ってしまいました。

 

看護師そのものをいったん辞めるという手ももちろんありましたが、せっかく学校に通って資格まで取ったのにという気持ちや、自分のスキルが大きく落ちてしまうんじゃないかという不安があったので、短期バイトを始めることにしました。

 

看護師のバイトと言うと、夜勤バイトを思い浮かべる人が多いと思います。
たしかに夜勤バイトは時給もいいですし、求人数も多いですよね。

 

でも、私がやっているのは、採血バイトです。週に3回、採血のみをひたすらやる仕事です(笑)
採血が得意ということと、私の看護学校時代の面白い先輩が働いていたからです。

 

実際、採血室には、入院患者の方と比較して血管が健康な方も多いので、あんまり採血のスキルは必要ないんですけどね。

 

このサイトでは、私と先輩の面白話を書いていきますので、よかったら読んでみてください(*^_^*)

おいしいバイトや派遣の仕事の探し方

おいしい看護師のバイト情報や派遣情報を探すときは、ナースバンクやハローワークに行ってもあまり意味がありません。常勤勤務の求人情報がほとんどだからです。

私は最初にナースバンクに登録しましたが、時間のムダでした。それから転職情報サイトなどを見て、いくつか登録しました。
ただ、サポートが良くなかったり、やっぱり常勤を強く薦められたところがあるのも事実。

 

結局、採血バイトに落ち着きましたが、決まるまでは結構たいへんでした。
私が使ったところでバイトや派遣情報をたくさん紹介してくれたのは、MCナースネット看護のお仕事派遣です。
すぐに働けるバイトの求人情報を、看護のお仕事派遣は条件の良い派遣先の情報をたくさん持ってきてくれました。バイト情報はMCナースネットが強く派遣情報看護のお仕事派遣さんが情報を豊富に持っています。

 

看護師のバイト情報や派遣情報を探している人はこの2つは登録しておいて損はないと思います。どちらも全国対応でなかなか好条件の求人があります。

 

 

看護師でバイトを始めるのには沢山のメリットがあります。

 

仕事を掛け持ちして給料アップ 看護師の基本給はいくら頑張ってもすぐには上がりません。夜勤や残業を増やそうしようとしても、認められていないところも多いですね。そういう方には週1からの掛け持ちバイトがおすすめです。

 

プライベートを充実 とにかく激務だったり夜勤疲れで大変なのが看護師の仕事。そういうのに疲れちゃっという人は好きな時だけ働く単発バイトがおすすめです。
私はこのスタイルです。週に2回程度働いて、あとは趣味のヨガとブログばっかりやってます(^o^)

 

気分を変えたい ツアーナースをやりたい!という人など、普段の病院勤務と違うことをやりたい人もバイトで働くのがおすすめです。

 

 

よくある看護師求人サービスってどうなの?

看護師求人サービスサイトは、自宅でネット上で求人活動が効率的にできるという利点があります。

 

忙しい看護師にはぴったりです。条件を入力すればぴったりの職場を選び出してくれます。

 

また、担当スタッフが個人的に相談にも乗ってくれるため、コンピューターでははじききれない条件についてもおすすめの職場を紹介してくれます。メールや電話で気軽にいつでも相談に乗ってもらえます。

 

残業があり仕事が遅くなってしまってもそのあとに気軽に相談に乗ってくれることもあります。希望する職場が見つかってからも、見学の日時のセッティングなども代行してくれ、履歴書の書き方や面接のポイントについてもアドバイスをくれます。見学時にはスタッフが同行してくれるため、緊張して聞きたかったことを聞き逃す、見たかったことを見逃すということもなくなります。

 

内定時にも不安な点の確認なども代行してくれ、安心して転職活動ができるのです。忙しい看護師にとってはぴったりの転職方法だと思われます。

 

 

有名ドコロのサービス

ナースフル
 タウンワークやリクナビなど職探しで実績のあるリクルートが運営。

 

看護roo!
 利用満足度96.2%。プレゼントでもらえる転職ガイドブックがとても実用的。

 

ナース人材バンク
 紹介実績No.1 公開情報数20万件以上。

 

看護のお仕事
 サービス満足度No.1 

 

注意点としては、求人サービスサイトのスタッフからの情報が必ずしも正しいとは限らないという点です。数字に表されるようなことが間違うことはまずありませんが、実際に働いている(働いていた)看護師から得た情報については変わってしまっていることや、病棟が違えば状況が違うということはあります。大手は売上ノルマも厳しいので常勤サービスを強くオススメされます。

 

また、残業はほとんどないという情報があったとしても、ある病棟ではそうであっても、違う病棟では残業ばかりだったなんていうことはあり得ます。人間関係がいいかという点も、絶対に正しいとは言い切れませんね。そういった情報についてはスタッフの情報をすべて鵜呑みにすることなく判断することが必要です。

 

それと、求人サービスはボランティアでやってくれているわけではなく、営利目的でおこなっています。就職が決まれば、病院は求人サービス会社へ報酬を支払っているという仕組みを理解しなくてはいけません。そのため、病院へ直接連絡をし就職した場合とサービス会社を利用した場合とでは病院の出費は大きく違うのです。もちろん就職する看護師はサービスを利用しても全く費用はかかりませんが、直接病院に就職した場合にのみ得られる特典がある可能性も考えられます。

 

たとえば、病院から就職祝い金としてまとまったお金をもらえることもあります。求人サービスサイトでも就職祝い金がもらえる会社もあります。それぞれ金額や条件など異なるためよく確認しましょう。

 

おすすめの利用の仕方としては、ひとつのサイトに絞らず複数登録してみて条件にあう職場を探すことをお勧めします。

 

担当スタッフとの相性も大事です。相談しやすい会社・スタッフがいいですよね。